効能

【バイアグラの効果】
勃起に必要なcGMPは、酵素「5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)」によって加水分解されると、その効力を失ってしまいます。
EDは、この酵素の働きが活性化することによってcGMPが不足し、血流が遮断されることによって起こるようです。
バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、このPDE-5の活性を阻害し、cGMPの分解を予防することによって海綿体への血流増加を促進させる効果があるようです。
そのため、バイアグラを性行為の30分前を目安に服用すると、陰茎(ペニス)が勃起し、性行為が正常に行えるようになってきました。

【バイアグラのその他の効能】
バイアグラの血管拡張作用は陰茎のみに働くものではなく、NOを介した血管拡張が行われる部位すべてに効果があることから、
慢性心不全や肺高血圧症などの疾患に対しての適応が進められているようです。
そのため、高血圧の人が服用する際は二次的な効能が期待できますが、
もともと降血圧剤などを使用している人がバイアグラを使用すると、
二重効果により血圧が下がりすぎるというトラブルが発生する場合があるので、高血圧治療を受けている人は注意が必要になります。
【個人輸入代行業者での入手について】
バイアグラの100mg錠を入手できるルートとして日本国内で多く利用されている個人輸入代行業者ですが、用途は100mg購入のみに限らないようです。
EDは、その症状上、非常にデリケートな問題であるため、医療機関の受診に羞恥心を覚える人が多く、
医療機関で処方されれば正規に入手できる25mgや50mgに関しても個人輸入代行業者を利用する人が多く存在しています。
さらに、ネット販売で簡単に入手できるという点も個人輸入代行業者を利用する理由のひとつとなっているようです。






更新情報・お知らせ

【2012/03/19】
効果更新
【2011/05/09】
効果更新
【2011/05/09】
副作用更新
【2011/05/09】
時間更新
【2011/05/09】
ホームページリニューアル
効果|バイアグラの効能や効果 2011年12月06日

SIDE MENU

ピックアップサイト


リブラクリニック
バイアグラ処方ならここ!

ED―info.net
EDの理解から医薬品の適正使用まで

ウィキペディアの執筆者. “勃起不全”. ウィキペディア日本語版.2011-05-01.(参照 2011-05-09).
勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)は、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態である。